ワキ脱毛体験

人気の脱毛サロンで施術体験した感想です。現在も通い中なのでまだまだ最終的な効果はどうなのかわかりません。
私はいまジェイエステティックで、ワキの脱毛をしにいっています。
どうしてもワキのムダ毛だけはなくしておきたかったので脱毛サロンに通うことにしたのです。
とりあえず夏になるまでに少しでも減らしたいと思って、秋くらいから通い始めました。

予約が取りにくいと口コミにもあるジェイエステティックなのですが、思ったより悪いところは特になく気持ち良く通えています。
最初のカウンセリングの時にも勧誘などある、などとネットには書いてあったのですが特に他の場所を無理やりのような感じで勧められることは、私はなかったです。
脱毛の施術ですが、光脱毛なのであっという間に終わってしまいます。

もうこれで終わりなの?と思うくらいです。
最初に着替え施術する部屋にいって、光が当たるのでメガネなどの目隠しをされてワキの部分を綺麗にふき、ジェルをのせられて、光を当てていく工程なのですが、終わるまでに10分かかるかな?というくらいの短い時間です。
その後着替えをして終わりで予約をして帰るだけです。

肝心の脱毛のほうは、しばらくするとするっと毛がぬけおちて、毛が少なくなる時期がやってきます。
しばらくすると、まだまだ少しは生えてくるので、これからも通わなくてはいけないですが、本数は最初よりは減ってきているので、このまま通って脱毛していけばいつかつるつるのワキになると信じて、これからも通いたいと思っています。

高齢者の免許更新と愛車

高齢者の免許更新と愛車、自動車に関することといえば、免許証のこともそうですよね。
免許証は20代の頃には既に取得していて、若い頃には一寸無茶な運転して警察に咎められ、免許停止の処分を食らった事もありました。
それでも何とか、免許証は今まで途切れた事は無く、更新しながら継続しております。
シニア
そして何時ものように、先日免許の更新の案内がきたのです。
気が付いたら通常の案内ではなく、高齢者講習となっていたのです。
案内状によると70歳を過ぎると教習所において、通常より多くの料金を治めて実技講習試験をするんですね。
仙台の査定士さん
教習所内においては、他にも目や動体視力の検査や技能的な適性検査をやられました。
実技講習においては、毎日普段から乗ってるので特に問題の無い最良の得点が付けられ、合格しました。
元より、車の運転は大好きで、運転経歴も50年以上になる大ベテランのドライバーです。

現在、仙台の自宅にある車は上さん(妻)の三菱の軽自動車と小生のもう一台の車・トヨタのアルファードを乗っております。
軽自動車は概ね、近場でのお出かけや日常的な買い物などに使用し、アルファードは旅行など遠出の場合に利用して、大型で馬力のある、室内もゆったりとした車は、やはり年寄り向きでいいですね。
免許更新にも示されたように、70歳の高齢者に達したとはいえ、まだまだ元気で出かけたいし、泊まりがけの温泉旅行などにも出かけています。

時には、近所に住んでいる孫たちも乗せ、ルンルン気分でブットバシます。

シルビアを中古で買ったときの話

30代の男性です。私が大学生の頃の話です。
当時、原付を交通手段としていた私は、バイト仲間が車に乗っているのを見て、車が欲しくなりました。そのバイト仲間の知人で札幌で中古車買取と販売をしている人がいるというので、その人を紹介してもらいました。私は当時特に車にこだわりがなく、その人の勧められた車を購入しました。

それがシルビアS13のQsです。2000CCノンターボのクーペです。当時デートカーや走り屋車として人気がありました。値段は110万円でした。それが私の車に没頭するきっかけとなった車で愛車す。おそらくその時にマーチとかの大人しい車を買っていたら、ふつうの生活をおくっていたのかもしれません。車にはまった私は、Qsを改造しました。車高調を付けたり、マフラーの中に水を入れて触媒を焼いて爆音仕様にしたり、ライトチューン系の改造をしました。Qsを買ってkら1年ぐらいでしょうか。それからノンターボに対してのコンプレックスが大きくなり、知り合いの車屋さんにポンつけタービンの話を聞いたりしてターボ車に対する欲求が高くなってきました。それで車雑誌などでシルビアS13のKsを探しました。

やはりターボ車は高いです。ようやく見つけた車が140万円でした。まだQsのローンが返済していない状態で買ってしまいました。ステレオやホイールは移植してもらいました。それで晴れて私の車はターボ車になりました。走行中の加速が違います。そしてタービンの戻りの音の爽快さなど。結局学生時代に車に400万ぐらい使ったでしょうか。社会人になって東京で暮らすようになって、車を手放しました。今は熱は冷めています。
あの時マーチを買っていたら、どちらが私の人生でいいのか今は分からないです。